【12球団】12球団「開幕1カ月採点」

1 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:56:15 ugqWtYpUd
開幕してから約1カ月が経過したセ・リーグ。連日熱戦が繰り広げられているが、果たして各球団は順調に戦うことができているのか。セ・リーグ6球団の開幕からの戦いぶりを100点満点で採点した。
記録は4月26日現在
2 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:56:28 ugqWtYpUd
1位・阪神 95点

 開幕3連勝で勢いに乗り、8連勝も記録。先発投手陣6人中5人が一時期、防御率1点台をキープし、22試合連続5回以上を投げ切るなど好調だった。中継ぎ陣も、岩貞祐太、岩崎優、抑えのスアレスが万全でチーム防御率はリーグ1位の2.71。打撃陣もチーム打率.264でリーグトップだ。さらに29本塁打、123得点もトップと、盤石の流れで貯金11の18勝7敗を挙げている。新人の佐藤輝明や伊藤将司の活躍でチームの雰囲気もいい。当然100点満点に近い数字と言っていいが、4月24日に開幕投手を務めた藤浪晋太郎が調子を落とし再調整で登録抹消となったのが少し気がかりだ。しかし、チーム自体は超積極的野球で、まだまだ快進撃の予感だ。

3 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:56:42 ugqWtYpUd
2位・ヤクルト 90点

 2年連続最下位に沈み、開幕3連敗からのスタートながら、現在2位。下馬評を覆す快進撃を見せている。チーム防御率はリーグ5位の3.46と良くはないが、清水昇やマクガフに石山泰稚、そして近藤弘樹といった強力リリーフ陣の存在が大きい。打線も、四番・村上宗隆を中心に、二番としてマルチな働きをこなす中村悠平、リードオフマンの山崎晃大朗と、おのおのが役割を果たしている。山田哲人が復活の兆しを見せ、新外国人らも加わった。ベンチの雰囲気も良く、チームが一つになっている。ただ、昨季も序盤は首位に立つなど好調だったが、結局は最下位に終わっている。この序盤戦の戦いを継続し、何としてでもAクラス入り、優勝を成し遂げたい。

4 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:56:54 ugqWtYpUd
3位・巨人 65点

 リーグ3連覇をターゲットに据えるチームにとって、27試合で14勝9敗4分け、5つの貯金はまずまず。65点のスタートだったといえる。V争いのライバルとなるであろう阪神がやや走り過ぎているきらいもあるが、直接対決は3勝3敗の五分。勝負はこれからだ。他球団同様に打線の軸と期待していた新助っ人2人が来日できず、4月に入ると丸佳浩や好調だったZ.ウィーラーら主力4選手が新型コロナウイルスの陽性判定で入院を余儀なくされる中、残されたメンバーが踏ん張った。特に4月11日からの6連勝中はすべてで先発投手に勝ち星がつくなど奮闘。中でも2019年のドラ1左腕・高橋優貴が4戦4勝でハーラーダービトップを走るとともに、防御率も1.29とセNo.1の安定感を見せている。

5 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:57:04 ugqWtYpUd
4位・広島 60点

 栗林良吏をはじめ、新人投手3人を課題だったリリーフ陣に入れた効果もあり、開幕直後は快調なスタートを切ったかと思われた。しかし、エースの大瀬良大地が右足を痛めて登録抹消になると同時に、菊池涼介、鈴木誠也らが引っ張っていた打線の調子が下降、以降はやや苦しい戦いに。先発陣は、九里亜蓮と森下暢仁は計算できるが、それ以外は安定感が今一つ、救援陣も栗林はデビューから12試合連続無失点と快投を続けるが、森浦大輔や大道温貴、塹江敦哉は、このところつかまるケースも出てきており、開幕直後の安定感はない。一時、戦列を離れていた松山竜平やクロンが戻ってきた打線がより活発になれば、投手陣が楽に投げられる展開ができるが……。

6 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:57:14 ugqWtYpUd
5位・中日 30点

 投高打低。それは想定内だったが、ここまで打線がひどいのは想定外だ。開幕から機能しているのは一番の大島洋平くらいか。四番・ビシエドの登録抹消があったとはいえ、打線の迫力不足はひどかった。26試合消化時点でわずか8本塁打。67得点は12球団ワースト。昨年からの貧打は解消されていないどころか、さらに悪化している。一方で投手陣は予想どおり奮闘している。これは想定内。防御率2.82は首位を走る阪神の2.71に次ぐ12球団2位。阪神は123得点だから、その差は明白だ。4月24日のヤクルト戦(神宮)は今季初の2本塁打が飛び出したものの、抑えのR.マルティネスでまさかのサヨナラ負け。投打のバランスが崩れつつある。現状を打開するには打線の奮起しかない。

8 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:57:44 ugqWtYpUd
6位・DeNA 10点

 開幕時点の戦力からある程度の苦戦は予想できたとはいえ、これほど勝てないとは……。今永昇太、東克樹を欠く苦しい台所事情ではあったが、投手は早々に先発陣が崩壊した。現時点で開幕先発ローテ6人中4人がケガや不調で登録を抹消される非常事態。先発が先制を許す試合が多く、厳しい試合展開を余儀なくされている。開幕直後はつなぎの攻撃で機能していた打線も、ソトとオースティンを二軍での調整なしのぶっつけ本番で一軍に合流させたのが裏目。本調子でない助っ人が打線を分断してしまい、引きずられるように佐野恵太、宮崎敏郎からも打点が消えた。バッテリーのミスも多く、チーム全体が沈んだ雰囲気なのが心配だ。浮上のきっかけをつかみたい。

9 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:58:11 ugqWtYpUd
1位・ソフトバンク 65点

 現在、首位には立っているものの、決して順風満帆というわけではない。何よりも大きいのが、エース・千賀滉大の離脱だ。6日の試合で左足首のじん帯を損傷し、前半戦は絶望となった。だからこそ奮起が期待された先発陣だが、ここまではピリッとせず。特に先発再転向の高橋礼をはじめとして制球難に苦しむ選手が多く、工藤公康監督は9連戦を前にローテ再編に乗り出す模様だ。打線は主力にケガ人もいない状況で打率リーグトップの.267ながら、今一つ得点力に欠けるのが気になるところ。24日のロッテ戦(ZOZOマリン)も、19安打を放ちながら9安打のロッテに9対11で敗れた。ただ、投打がかみ合えば、他を寄せ付けない圧倒的な強さを見せつけるのがソフトバンク。主砲・柳田悠岐もようやくエンジンがかかってきた様子で、リーグトップの打率.365をマークするグラシアル、同7位.302の栗原陵矢へとつなげて得点を稼いでいきたい。また、扇の要・甲斐拓也がリーグ3位の打率.324とバットが好調で頼もしい。この状況を打破する戦力は十分だ。

11 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:58:30 ugqWtYpUd
2位・楽天 70点

 開幕から4カード連続で勝ち越しも、その直後に2カード連続勝ち星なし。特にソフトバンクに対しては3敗3分けと未勝利であり、安定感には欠けている。それでも貯金4の2位は上出来か。先発陣では先発した5試合すべてでクオリティー・スタート、3勝負けなしの涌井秀章と、新人ながらすでに3勝(2敗)をマークしている早川隆久が充実。負傷で出遅れた田中将大も開幕約1カ月後に復帰後初勝利を挙げ、ようやく理想の形となった。攻撃陣は4月下旬に合流した新助っ人・ディクソンが早くも本塁打を放つも、カスティーヨは一軍初打席で負傷離脱。好調な四番・浅村栄斗の前後を組み替えながら、得点力アップへ試行錯誤しているのが現状だ。

12 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:58:42 ugqWtYpUd
3位・ロッテ 85点

 開幕5連敗からのスタートも、早くも完済して貯金生活に。首位・ソフトバンクと1ゲーム差につけるなど、巻き返しに成功したのは、打線の奮起が大きい。長打力あるマーティンが二番に座って、リーグトップの8本塁打を放って21打点。四番・安田尚憲も5本塁打でリーグトップの28打点と荒稼ぎ。三番・主将の中村奨吾も20打点と、安田、マーティン、中村奨がリーグ打点上位3位までを独占し、12球団トップのチーム計137得点と打線が活発だ。ただ、抑えの益田直也の不安定で、勝ち試合を落とすケースも。昨季の躍進を支えたブルペンが復調してくれば、悲願の優勝も現実味を帯びてくる。

13 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:58:57 ugqWtYpUd
4位・西武 50点

 開幕から主力野手にケガ人が続出し、一時は開幕オーダーに名を連ねた4選手が一軍から姿を消した。それでも新人の若林楽人や二軍から上がってきた呉念庭、愛斗らの活躍で上位に踏みとどまっていた。しかし、4月17日のソフトバンク戦(メットライフ)から2分けを挟んでの6連敗。10日近く勝ち星に恵まれず、借金2の4位にまで沈んでしまった。森友哉や中村剛也と言った中軸の状態が上がらず、得点能力が低下。松本航、浜屋将太がローテーションから外れ、先発陣も再編されている。リリーフ陣で勝ち切るのが必勝パターンだが、18日のソフトバンク戦(同)、22日のオリックス戦(京セラドーム)と守護神の増田達至が抑えに失敗し、勝利を得られなかったのも痛かった。まずは連敗ストップ。1つ勝てば、流れは変わってくるはずだ。

14 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:59:09 ugqWtYpUd
5位・オリックス 50点

 山本由伸、山岡泰輔を筆頭に先発陣は安定。チーム防御率はリーグトップの3.10を記録していることが、借金3で踏みとどまれている一因だ。ただ、不安材料は多く、20歳の太田椋、19歳の紅林弘太郎ら若手を積極起用していることもあって、守備や走塁など細かなミスが多く、試合の主導権を明け渡すことも。抑えも漆原大晟が不振、平野佳寿が離脱し(27日から一軍合流の見込み)、代役・ストッパーのヒギンスも制球が不安定と、勝ち切れないことも多い。それでも、T-岡田が得点圏打率.500をマークして勝負強さを見せるなど、明るい材料もある。打線も徐々に得点力が上がっているだけに、5割復帰で上位を追随したい。

15 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 11:59:26 ugqWtYpUd
6位・日本ハム 30点

 開幕から1カ月、25試合を消化した時点で7勝14敗4分けの最下位。ともにリーグワーストの防御率4.20と打率2.15では当然の順位だ。投打のかみ合わない状況が続く現時点での評価は30点といったところか。打率、安打、本塁打、打点、得点で最下位に沈む打線の低迷と、防御率5.36のリリーフ陣の崩壊は深刻。25試合で22通りもの打順やメンバーの入れ替えを行うも打線の爆発には至っていない。チーム7勝のうち抑えの杉浦稔大が6セーブ。9対4で快勝した開幕カードの3月27日の楽天戦(楽天生命パーク)以外はすべて3点差以内の勝利だ。打線が湿りがちな僅差勝負では今後もリリーフにかかる負担は大きくなる。リードを守り切れない中継ぎ陣と攻撃陣の奮起が待たれる。

22 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:02:38 dwtUQU8jM
5位で50点のオリックス
23 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:02:50 GnyEvduz0
何やったら0点なんだよ
27 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:04:10 TqVUmmH5p
>>23
試合出来なくなったらやろ
30 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:04:59 ZrLn8KB60
>>23
勝率0割とか
24 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:03:51 iFYXYW11a
27試合4勝で10点は甘すぎやろ
25 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:04:02 viPfGK630
高橋は月間MVP確定やな
それだけで満足や
26 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:04:10 paApfHC60
10点はおかしいやろ!ちなDe
29 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:04:55 JGDKbwcw0
牧に10点
36 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:06:08 K+a4OeoY0
戦力の割にようやってる度やろ
37 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:06:16 paApfHC60
加点式で牧に10点なら確かに納得できるような気もする
38 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:06:35 oHy9BuNH0
中日の投打バランスはまだ崩れつつある段階なのか
40 :野球実況まとめ 2021/04/27(火) 12:07:13 RHQwmEQO0
10点は牧の分やろな